パナソニック 脱毛器

パナソニックの脱毛器「光エステ」と「ソイエ」についてご紹介。2つの製品の特徴と効果、レビューの声を集めて検証しています。他のパナソニック製品と較べて良い点悪い点をお伝えしながら正しい使い方を公開します。

パナソニックの脱毛器「光エステ」と「ソイエ」についてご紹介。2つの製品の特徴と効果、レビューの声を集めて検証しています。他のパナソニック製品と較べて良い点悪い点をお伝えしながら正しい使い方を公開します。

パナソニック脱毛器光エステ

パナソニックの光エステは脱毛器としての使い方と光美容器としての使い方の2種類があります。どちらもおすすめですがまずは脱毛器としての特徴から。

光エステで使用できる箇所はワキ、腕、脚、ビキニラインの4箇所で出力レベルは5段階で調整することができます。照射範囲は3.5センチ×1.5センチ。同じ所に何度照射しても効果は大差ないそうですから効率よく脱毛箇所をずらしていくほうがいいでしょう。

光の照射間隔は3秒ほどで連続で10回まで照射することができます。照射中の痛みはありませんが5分くらいすると照射口が熱くなりしばらく休憩をはさまないと続けて脱毛することはできないようです。

取扱説明書には「永久脱毛とは異なりお手入れを中止するとムダ毛の量は徐々に元に戻ります」と書かれているので脱毛器というよりも抑毛器と考えたほうがいいかもしれません。

抑毛器ではなく脱毛器をお探しの方は光脱毛器ランキングのようなサイトでフラッシュ方式の脱毛器をお探しください。

パナソニック脱毛器ソイエ

パナソニックの脱毛器ソイエは脱毛器というよりは除毛器。毛を引っ張りだして脱毛するという言い方がぴったりきます。なにかと話題の「泡脱毛」はお風呂の中で脱毛することができるのでとても便利。お風呂場だと身体も温まり毛穴も開いて毛が抜けやすくなっていますから痛みも少なくきれいに脱毛することができます。

最新機種の「ES-ED95」だと角質除去の機能もついているので一つで二役。肘や膝、おでこの角質をケアすることができます。ES-ED95のいいところは水洗いができるというところ。また、暗いところでも手元が見やすいLEDライト付きで脱毛中に手元が見難いということもありません。一回の充電で約40分間使用でき、重さも170g程度なので使用中に腕が疲れるという心配もないでしょう。使い方のコツとしては肌にしっかり密着させることです。密着スイングヘッドで60度の角度調整ができるので効率的に毛を捉える確度を見つけ出しましょう。

パナソニック 脱毛器 © 2017